CAF, 現代芸術振興財団

日本有数のアートアワードための鮮やかなビジュアルアイデンティティ、印刷物デザインWebデザイン及び高性能Web応募フォーム作品の多段階式選考機能付きWebサービス制作。

  • design-icon

    Design - アイデンティティ、印刷物デザイン、告知サイト、WebサービスのUI/UXデザイン。

  • development-icon

    Development - Ruby on Rails Webサービス, Cloudinaryを利用したマルチメディアアセットのストレージ、Herokuパイプラインインフラストラクチャー、Excelエクスポート。

  • support-icon

    Support - サポート - 機能改善や新しいコンペごとのサービスセットアップ等の年間サポート。

  • design-icon

    Design - アイデンティティ、印刷物デザイン、告知サイト、WebサービスのUI/UXデザイン。

  • development-icon

    Development - Ruby on Rails Webサービス, Cloudinaryを利用したマルチメディアアセットのストレージ、Herokuパイプラインインフラストラクチャー、Excelエクスポート。

  • support-icon

    Support - サポート - 機能改善や新しいコンペごとのサービスセットアップ等の年間サポート。

アート愛好家、収集家であり株式会社ZOZOの代表取締役社長である前澤 友作により設立。現代芸術振興財団は日本を始め世界のアート界で重要な役割を担い、芸術学生向けの年間コンペCAF賞は応募数も増え、近年注目を得ている。

アイデンティティデザインの更新、印刷物デザイン、イベントWebページや参加者がすばやく簡単にアート作品が提出でき、CAFチームと審査員がレビューを行い審査することができる高性能のWeb申し込みサービスを制作するため、CAFチームから弊社はお声がけをいただきました。

結果的に作品を提出する学生が三倍に増え、CAFチームや審査員の選考プロセスがより効率的になりファイナリストや優勝者の選定が行いやすくなりました。

contemporary-art-foundation-award-2018-exhibition-gallery-wall

アイデンティティデザイン

発見プロセスから開始し、CAFチームと共同で彼らがその賞に印象づけたいキーコンセプトをマッピングしました。彼らのビジョンに合うデザインアプローチを模索するため、競合のイベントや団体、印刷物デザインなど既存のデザインリサーチも行いました。


contemporary-art-foundation-award-2018-exhibition-gallery-wall
その他の候補のスタイルスケープ

その情報を利用し、反復的なプロセスでアイデンティティデザインの可能性を追求しました。このプロセスのキーとなるのは「スタイルスケープ」の作成でした。


スタイルスケープはムードボードに似たドキュメントで候補となっているアイデンティティデザイン(ロゴ、色、タイポグラフィー、写真、モチーフ等)をそれが使われるシチュエーションに当てはめレビューをすることに使います。このプロジェクトでは、告知Webページ、応募・審査Webシステム、ポスター、カタログ、イベント会場のウォールデザインに加え、トロフィーのデザインにも使われるので、それらにうまく合うかをスタイルスケープを用いて候補デザインを選定しました。


候補アイデンティティのスタイルスケープをCAFチームとレビュー後、最終的に決定になったアプローチが選ばれました。最終的なアートワークはそれから作られ、印刷やWebで使用されました。

contemporary-art-foundation-award-2018-final-stylescape
arrow-left
選ばれたスタイルスケープ

この新しいアイデンティティは告知Webページ、ポスター、フライヤーに最初使われ、CAF賞発表イベントの間、ギャラリーの壁にも大きなアイデンティティのプリントが使われました。

応募、審査Webアプリケーション

このWebアプリケーションの主な目標は学生が作ったアートワークの提出をしやすくすることで、エントリーの数を増やすことでした。

以前、CAFチームは郵便で学生からの応募を受け付けていました。応募用紙の記入に加え、印刷した写真や焼いたCDに画像やビデオ、オーディオファイルなどを入れて投函していました。

応募のためのオンラインプラットフォームを提供することにより煩雑さが減り、結果的に目標としていた数より高い申込数がありました。

その他の目標として、CAFチームと審査員による作品のファイナリストグループ選定のための審査時間の削減もありました。

それまでは印刷された申込用紙やメディアファイルの扱いは複雑で時間がかかり、間違いが起こる可能性もあったため、その他の目的としては、CAFチームと審査員による作品のファイナリストグループ選定のための審査プロセスをより効率よくすることでした。

結果、前年より応募数が増えたにもかかわらず、上記のプロセスのためにデザインされたカスタムオンラインシステムによりプロセスにかかった時間は大幅に減らすことが可能になりました。

contemporary-art-foundation-award-2018-identity-motif-long-left contemporary-art-foundation-award-2018-identity-motif-short-left contemporary-art-foundation-award-2018-identity-motif-right

主な機能

多様なフェーズでのサポート

macbook-white
  • desktop-and-mobile-responsive-icon

    デスクトップとモバイルで効果的に表示されるレスポンシブレイアウト。

  • video-and-image-upload-icon

    学生がアップロードする複数の画像、ビデオ、オーディオファイル。Youtube、Vimeoインテグレーション。CAFチーム、審査員による閲覧。

  • security-icon

    アカウント作成なしで作品を提出でき、締切までは申込み内容が編集可能な学生のための安全な申し込みメソッド。

  • automation-icon

    事前に決まっている学生の申込み開始、終了時刻に合わせ自動で申し込みの開始、終了を行う機能。

  • excel-export-icon

    CAFチームと審査員が共有、アーカイブできるExcelエクスポート機能。

  • protection-icon

    人的エラーが起こらないようすべての審査プロセスで対策。

他のプロジェクト

一緒に働きませんか?

プロジェクトに関するご相談やご質問など、お気軽にお問い合わせください。